HOME >> プロフィール/ブログについて

プロフィール/ブログについて

長谷川高士プロフィール

1975年愛知県生まれ。東京大学中退の後、設備設計事務所に勤務し、官公庁発注の事務所ビル、学校、病院などの水まわり設備を計画する。 大規模建築の、水を送るポンプの性能や水が通るパイプの太さや経路など、ライフライン計画の基礎を学ぶ。

2001年、株式会社長谷川設備工業に入社。 水道屋の2代目として、計画~工事~完成~メンテナンス~解体という建物の一生を、水まわり工事を通じて経験する。 年間700件を超える依頼を受ける中で、現場に施主の希望が反映されにくい建築業界のジレンマに気づき、「同じモノをより安くより、同じ値段でよりよいモノを」のポリシーの元、お客様に直にサービスする水まわり専門のカウンセリングを、業界に先駆けて開始する。

既存の慣習にとらわれない発想で、水道屋経営の改善を次々と実践。その理論と手法をWebで惜しげもなく公開し「効果的だ」と同業他社から信頼を得る。 課題の中の隠れた軸を見抜く力を活かし、水まわり商品の画期的なアイディアを数多く提案。大手メーカーに採用される。

2010年、デザインラボ・アクシスを設立。 水道屋の専務として現場でのサービスを指揮するかたわら、ライターコミュニケーターとして独自の活動を展開する。


ライターコミュニケーターとは

長谷川作の造語です。「ライター+コミュニケーター」です。

シンガーソングライターは、歌をつくりその歌を歌いますが、ライターコミュニケーターは、文章を書き、そして話す、聴く、訊く、見せるなどあらゆる手段で、そこにコミュニケーションの橋を架けます。

ツールの中心は「ことば」です。何よりも「ことば」を大切にしています。


ブログについて

しくみと伝え方に関わることから「ことば」や考え方まで、長谷川高士の日々の雑感を書いています。


運営サイト

ちっちゃい会社でやってみた ~会計とか小ネタとか発想とか~

しくみと伝え方の仕立て直しの実験報告です。実験台は、長谷川が取締役をつとめる会社です。